リハビリテーション部のご紹介

療養・一般病棟・外来

2階4階・外来部門Department of The 2nd floor 4th floor and Outpatient

一般病棟のリハビリテーション

重度肢体不自由者、脊髄損傷等の重度障害者、重度意識障害者、筋ジストロフィー患者、神経難病者のような患者さんたちを受け入れている障害者施設等入院病棟です。
以上のような疾患の患者さんのほかにも、急性の肺炎や在宅での介護が困難になった場合、心不全の増悪など様々な状態の患者さんにも対応しています。
疾患が多岐に及び、急激な状態変化を起こしやすい患者さんが多いため、医師、看護師、栄養士など他職種との連携をとりながら、リハビリテーションを提供しています。

一般病棟のリハビリテーション
療養病棟のリハビリテーション

当院の中でも比較的長期療養の患者さんに対応しています。24時間点滴が必要、気管切開をしている、酸素療法を必要としている、頻回の痰吸引がある、糖尿病のコントロールをしなければいけない等々、様々な患者さんが入院しています。
また、脊髄損傷の患者さんなどもおり、それぞれの病状や障害にあったリハビリテーションを提供しています。
長期で入院されている患者さんが多いので、患者さん方の入院生活が退屈なものにならないよう、より楽しい運動を取り入れながらリハビリができるように工夫をしています。

療養病棟のリハビリテーション
外来リハビリテーション

入院の対象にはならないが、リハビリを必要とする脳卒中などの脳血管疾患や、骨折などの整形外科疾患の患者さんに対応しています。
在宅生活を送られながら通院してくる患者さん方に対して、より生活に密着した、日常生活動作の練習なども取り入れるリハビリテーションを提供しています。

外来リハビリテーション

連携のとれたチームワークで、
スタッフ全員が統一した目標を持って
リハビリを提供します。

当院では一般病棟、療養病棟、外来部門を6名の理学療法士と2名の作業療法士、1名の言語聴覚士で担当させて頂いています。
若いスタッフが多いですが、たくさんの疾患を経験しており、リハビリのスタッフだけではなく、医師や看護師、栄養士、医療相談員等々、連携のとれたチームワークで、患者さんそれぞれの状態に合わせたリハビリテーションを実施できるように努めています。
また、外来の患者さんにも定期的なカンファレンスを開催して、スタッフ全員が統一した目標を持ってリハビリを提供できるようにしています。
これからも患者さんや家族の皆様に安全で安心な生活を提供できるように努め、より多くの笑顔に出会っていけるようにがんばりたいと思います。

津田 佳代
津田 佳代
理学療法士(主任)
セラピスト歴12年 / 在籍12年
スタッフからの一言